MENU

営業時間 平日9:00~17:0003-3242-3201

ステンレスの表面を保護する①

前回まで、「いろいろな意匠研磨シリーズ」と題して代表的な意匠研磨を紹介してまいりました。

できあがった意匠研磨品はその美しい仕上がりを保ったまま、お客様のもとにお届けする必要があります。

また意匠とは異なる目的のために、特別につくられた表面仕上げも、キズがつかないようにお届けしなければなりません。

 

しかし表面が剥き出しのままでは、運ぶ途中でキズがついたり汚れてしまうかもしれません。

 

そこで今回から数回にわたり「ステンレスの表面を保護する」と題して、その目的や方法についてご紹介していきたいと思います。

 

さて本題に入る前にちょっと目線を変えて…

下の写真をご覧ください。

  

 

皆さんが、新しいスマートフォンを買われたとします。

本体の設定も終わり、スマホケースも新しいものに交換して…

そして画面に保護フィルムを貼ったりはしませんか??

 

「画面が汚れるのがイヤ」「落として割れてしまったらどうしよう」などが保護フィルムを貼る主な理由でしょう。

 

  

 

大切なスマホの画面が汚れたり破損したりしないように、薄い保護フィルムでガードされているわけです。

 

ではステンレスはどうでしょうか?

ステンレスは、スマホの画面と違って割れたりはしません。

しかし意外とデリケートで、すぐにキズがついてしまったり汚れたりするのです。

そこでステンレスでも、表面が大事な意匠製品などには専用の保護フィルムを貼って、輸送中や加工中に発生する恐れがあるキズや汚れから、表面をガードすることがあります。

 

白色の専用保護フィルム

青色の専用保護フィルム

どういった用途に保護フィルムを貼るのか、どうやって貼るのか…

次回以降のステンレスコラムでは、そのあたりのお話をご紹介していきたいと思います。

 

次回以降も、ぜひお楽しみに!

ステンレスコラム

納品までの流れ

ステンレスで問題解決したい担当者のためのステンレスのノウハウがぎっしり詰まったメールマガジン

意匠研磨製品紹介

太華工業の意匠研磨製品をご紹介いたします。

PAGETOP

全国対応

ステンレス研磨加工関連することはなんでもご相談ください

お電話でのお問い合わせ

営業時間 平日9:00~17:0003-3242-3201

お電話をおかけになる場合はここをタップ